過度の洗顔には注意が必要

貴方は、洗顔をしすぎていませんか?過度の洗顔はかえって毛穴が詰まる原因に・・・
MENU

洗いすぎると角質が厚くなり毛穴の出口がふさがれる

ニキビや毛穴の汚れを気にするあまり、1日に5回も6回も洗顔したり、イオウなどが含まれた脱脂力の強い洗顔料を使ったりする人がいます。10代までであれば、それも悪くはありませんが、20代以降の人にはかえって悪影響です。

 

洗い過ぎると、皮脂といっしょに肌の水分も低下していきます。肌にもともとあるセラミドや天然保湿因子(NMF)などが洗い流されてしまうからです。肌の水分量が低下すると、角質が厚くなってきます。角質というのは、もともと肌を乾燥から守る役目をもっているので、肌全体が乾燥してくると、それを守ろうとして、より厚くなろうとするのです。冬場の足の裏を思い出してください。乾燥すると、皮膚が厚ぼったくなるでしょう。それと同じ現象が、顔の上で起こるのです。

 

角質が厚くなると、毛穴の出口が角質でふさがれて、毛穴が詰まりやすくなります。とくに乾燥しやすいUゾーンでは、余計にニキビが悪化します。洗顔は、朝晩2回が基本です。脂性肌の人でも1日3回までにします。そしてむしろ、セラミドなどでうまく水分量を増やしていったほうが、毛穴は詰まらなくなります。

 

毛穴を綺麗にする洗顔で気になるのがどろあわわ お試しできる方法があるとすれば貴方はどうしますか?お試しするなら上記のどろあわわのリンクからお試しください。

 

このページの先頭へ